<video id="7r9jd"><progress id="7r9jd"><progress id="7r9jd"></progress></progress></video>
<address id="7r9jd"></address><listing id="7r9jd"></listing>

<menuitem id="7r9jd"><dfn id="7r9jd"></dfn></menuitem>

    <ruby id="7r9jd"></ruby>

    Business Outline事業の内容

    センサとは人間に代わってあらゆる物質から出るエネルギーを検出する電子部品で、当企業グループとしては、温度センサを筆頭に、エアコン?冷蔵庫などの家電製品、プリンタ?複写機などのOA機器、自動車、医療機器など幅広い用途に使用されております。
    当企業グループが取り扱っているセンサは、バルクセンサ、薄膜センサ、赤外線センサに大分類されております。

    (1)バルクセンサ
    バルクセンサとは、セラミックス製造技術を用いて製造されたセンサであります。金属酸化物の粉末を用いた製法により高精度で量産性に優れており、世界中の様々な分野で広く使用されているものであります。また豊富なバリエーションを有しているため、エアコン、冷蔵庫などの家電製品、自動車、情報機器、電子体温計など、様々な用途に使用されております。

    (2)薄膜センサ
    薄膜センサとは、半導体製造プロセスを用いて製造されているセンサで当企業グループが業界で初めて量産化し、センサ市場で先行しております。バルクセンサに比べて小型化が可能で、また材料を薄膜化することで熱に対する感度が飛躍的に向上する優位性があります。複写機?プリンタなどOA機器や高応答性の電子体温計などに採用されており、高いシェアを維持しております。最近では小型で高精度な特徴により医療分野のカテーテル用センサとして使用され、今後の販売増加が見込まれております。

    (3)赤外線センサ
    赤外線センサは、物体から放出されている赤外線を検知することにより、非接触温度検知、ガス検知、炎検知など様々なセンシングを可能とします。当企業グループが取り扱っている製品ではNCセンサとサーモパイルがあります。OA機器、医療などの用途に幅広く使用されております。

    (4)その他製品
    当企業グループでは、センサが主要取扱製品となっておりますが、その他の製品として電子機器や家電機器を誤動作や故障させる異常電圧(サージ)を抑制するサージアブソーバ、電圧が変動しても一定の電流供給が可能な定電流ダイオードなどがあり、パソコン、通信機器、家電製品、産業機器など幅広い用途に使用されております。

    製品

    製品の用途

    センサとは人間に代わってあらゆる物質から出るエネルギーを検出する電子部品で、当企業グループとしては、温度センサを筆頭に、エアコン?冷蔵庫などの家電製品、プリンタ?複写機などのOA機器、自動車、医療機器など幅広い用途に使用されております。( は利用箇所)

    複写機、プリンタ、ファックスOA機器

    複写機の光学ユニット、感光体ドラム、定着ローラー、機内温度検知用など、主要な部分に応答性がよく、高耐熱で信頼性の高い薄膜センサや赤外線センサなどが利用されております。

    OA機器

    エアコン、冷蔵庫、電子レンジなど家電機器

    エアコンの室内?室外機の温度センサとして、冷蔵庫庫内の温度センサとして、ほかに炊飯器、電子レンジ、温水器、温水洗浄便座などの身近な家電製品にも利用されております。

    家電製品

    モーターやバッテリーなど自動車

    自動車のラジエータ、カーエアコンの一部をはじめ、環境性能に優れたハイブリッドカーのバッテリーユニットや、各種モーターの温度センサとして利用されております。

    自動車

    ノートパソコンなどのモバイル機器に情報機器

    パソコンのCPUやディスプレイ、バッテリー、充電器、ほかにデジタルカメラや情報機器などにも超薄型で高精度なセンサが利用されております。

    情報機器

    カテーテルなどハイテク医療機器

    当社が開発した直径0.5mmの極細薄膜センサは、カテーテルなどのハイテク医療機器用のセンサとしても利用されております。

    ハイテク医療器機

    海外拠点の紹介

    販売拠点

    当企業グループでは、国内外(アジア地域及びアメリカ)に販売拠点を展開しております。

    販売拠点

    生産拠点

    当企業グループでは、国内(千葉工場)及び海外(アジア地域)に生産拠点を展開しております。
    また、研究開発の中心拠点として国内(千葉工場内)にワールドテクノロジーセンターを設置し、日々、新技術の開発に取り組んでおります。

    生産拠点