<video id="7r9jd"><progress id="7r9jd"><progress id="7r9jd"></progress></progress></video>
<address id="7r9jd"></address><listing id="7r9jd"></listing>

<menuitem id="7r9jd"><dfn id="7r9jd"></dfn></menuitem>

    <ruby id="7r9jd"></ruby>

    製品選定:サージアブソーバ/VRD

    VRDを使用する場合の一般的な選定方法を紹介します。

    VRDの選び方

    ○VRDを使用する回路の電圧Vmは、Vm≦Vsとしてください。

    VsはVRDの定格電圧です。

    ○保護する機器の耐電圧Vmaxは、Vmax≧制限電圧(Vc)となるようにVcを設定します。

    VcはVBmax+αとなります。
    VBmaxは各製品のブレークダウン電圧の許容差の最大値です。
    αは周囲温度、サージ波形、サージ電流、熱抵抗、サージ頻度等の条件で変化します。

    ?周囲温度Ta
    VRDの定格電力は周囲温度に対して低減してください。
    ⊿VB=VB ×(Ta-25℃)× 温度係数 で変化します。

    ?サージ波形、サージ電流
    下図は10×1000μsec、8×20μsecでの制限電圧特性です。
    印加されるサージ波形、電流によって制限電圧VCが変化します。

    SMD-VRDの制限電圧特性

    VRDの図

    ?繰り返しサージ
    サージが繰り返し発生することが想定される場合は、平均電力が定格電力を超えない範囲でご使用ください。

    ○VRDは立ち上がりの急峻なサージを吸収するためのデバイスで、定電圧用途での使用は想定しておりません。

    VRDを常時通電させる使い方はしないでください。